肌がきれいな人の「何もしていない」は本当?その真意とは

肌がきれいな人が良く言うセリフの「何もしていない」に、そんなことはないだろう…と思う人も多いでしょう。

本当は肌をきれいにするためのケアをしているはずと考えるかも知れませんが、その言葉は真実の可能性もあるのです。それは何故でしょうか。

肌のきれいな人のスキンケア

肌のきれいな人の言う何もしていないには、「特別な事は」という言葉が付いていると考えられます。肌をきれいにしたい一心で念入りなケアを日々している人もいますが、その一生懸命さが、逆に肌を荒れさせたりシミをつくっている可能性があるのです。

肌への刺激や摩擦は大きなダメージになり、その都度修復が必要になりますが、最低限必要なケアですませればダメージは少なく済み、不必要に肌を荒れさせることもありません。

化粧水で水分を与え、少しの油分で保護すると言うシンプルなケアのみで済ませることで、逆にすこやかな肌を育てていると考えられます。
[PR]

きれいな肌の秘訣は睡眠にある

肌のきれいな人は、肌に良い影響を与える習慣を持っている可能性があります。特に睡眠は、肌の状態を整える効果が高いでしょう。

きれいな肌は、皮膚の再生サイクルが正常に行われている証拠ですが、体内の様々な部分の修復や細胞の再生は寝ている間に行われます。そして肌の細胞修復をするには、睡眠時間が6時間以上必要。

しっかりと眠り新しい細胞が作られることで、肌の美しさも保たれるのです。そのため、よく眠る人は肌がきれいな人が多いと言われています。

紫外線はシャットアウト 

紫外線に当たることも生きる上で必要ですが、肌に関して言えば、できる限り紫外線を浴びないのはシミやシワを作らないための重要なポイント。肌のきれいな人は、紫外線対策を一年中当たり前のように行っている可能性が高いです。

日傘を持ち歩くことや、冬でも日焼け止めをしっかり塗るなどのケアは必ずきれいな肌に導きます。長く日に当たる時だけでなく、日々の習慣にするかどうかで肌の状態を左右するでしょう。

血行が良くなる習慣

肌がきれいな人の中には、血流促進になることを習慣にしている人がいます。冷たい飲み物を飲まない、入浴時にはしっかりと温まる、または身体を動かすことを日課にしている可能性もあるでしょう。

血行の良い体は新陳代謝も良く、肌をみずみずしく保ちます。内側からの作用は、外側から補うよりもずっと多くの効果をもたらすでしょう。

まとめ

人の体は同じではなく、生活習慣もそれぞれ。肌がきれいな人にとっては習慣になっているため、何もしていないと言うセリフが出てくるのでしょう。

元々持った体質もないとは言えませんが、肌は毎日の積み重ねで変わるものでもあります。不足していると感じることを取り入れ継続してみると、肌の状態が変わるかもしれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

[PR]