大人カジュアルに仕上げるならアウターはレディースロングダッフルコートで

冬のアウターとしては定番のダッフルコートですが、今年のレディースはロング丈がトレンドです。ダッフルコートは子供っぽいイメージがあるようですが、ロング丈なら大人っぽく仕上がります。

コーデが難しいという声も多いですが、今回はロングダッフルコートのキレイ目な着こなし方をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。
[PR]

デニムで抜け感を出す

デニムにダッフルコートじゃカジュアル過ぎない?と思われるでしょうが、合わせるアイテムによってガラッと雰囲気が変わります。

例えばトレンドのつば広ハットを被れば今年っぽいスタイルになりますし、デニムオンデニムコーデにさらっと羽織るのも粋な着こなしです。

カジュアルになりすぎるのを避けたい場合は、デニムの裾をロールアップして足元はヒールをチョイスしましょう。

冬はどうしてもムートンブーツに頼る傾向がありますが、大人女子のカジュアルにはマストとも言われるロールアップ+ヒールで、ロングダッフルコートも脱カジュアルアイテムになるでしょう。

自分らしいカラーを選ぶ

ダッフルコートと言えば紺やベージュ、グレーなどのマストカラーを着ている人がほとんどですが、今年はあえて自分の好きなカラーを選んで、個性的な着こなしを楽しみたいですね。

人気なのは白のロングダッフルコートです。レディースアイテムならではの優しい感じが演出できるアウターですし、どんなカラーやコーデにも合うのが嬉しい点でもありますね。

他にも鮮やかなイエローやオレンジといった暖色系で華やかなコーデにしたり、明るめのブルーでクールに仕上げたりするのもシックな装いになります。

男性受けを狙うならボトムはスカートで

冬のレディースファッションで男性に人気があるのは、短めのスカートにタイツの組み合わせです。寒々しいスカートでもタイツをはいていると暖かそうで無理をしている感じがしないからだそうです。

となればロングダッフルコートの中もスカートにして、女性らしさをアピールしましょう。

スカートと言ってもフレアなどボリュームのあるスカートは、ロングコートのインナーには向きません。ロングダッフルコートと相性が良いのは、ひざ上丈くらいのタイトなシルエットのスカートです。

例えばネイビーのスカート+ネイビーのタイツ、トップスは白のタートルにキャメルのロングダッフルコートという王道ともいえるカラーコーデでも、コートがロング丈になることによってより洗練されたイメージが強くなります。

また同じく男性受けが良いニットワンピースを着ても可愛らしい雰囲気になりますね。足元はブーツでセクシーなイメージにしておいて、バッグは斜め掛けにするというはずしテクニックを使うことでギャップを演出できます。

この冬買い足すならロングダッフルコートがイチオシ!

トレンドではあるものの、ロングダッフルコートは長く着ることができる一生モノのアウターでもあります。

マストカラーを買って大人っぽいスタイルを楽しんだり、自分の気に入ったカラーを買って個性的なスタイルを楽しんだりできるのも、コーデの幅が広いロングダッフルコートだからできる特権でしょう。