エッジの効いたライダースジャケットの秋冬コーデ

メンズライクなイメージのライダースジャケットですが、今やオシャレ女子の間ではマストアイテムになりつつあります。

レザー×金属というハードな素材ではありますが、実はコーデ次第で非常に女性らしいイメージを醸し出す事ができますよ。

ライダースジャケット×スカート

ハードなライダースジャケットをあえて柔らかい素材と合わせる事で、女性ならではのコーデが完成します。例えばシフォン素材のスカートやミモレ丈のフレアスカートに羽織るだけで、シルエットのバランスも良くなりキュートに仕上がりますよ。

シフォンワンピースなど一枚では甘くなりすぎるアイテムでも、ライダースジャケットと組み合わせる事で簡単に甘辛MIXコーデの出来上がりです。エレガントに着こなしたい場合は、タイトスカートやタイトなシルエットのワンピースに羽織って、足元もヒールで女性らしさを強調しましょう。

ポイントはサイズ感

ライダースジャケットは、オーバーサイズよりも自分の体型にピッタリ合ったスリムなデザインを選ぶのがおすすめです。短めの丈とタイトなシルエットが絶妙なバランスを保ち、ボトムを選ばないのでコーデの幅が広がります。

襟元のデザインにボリュームがあるので、インナーは襟無しにすると首元からデコルテにかけてのラインがきれいに見えます。例えば襟元が広く開いたボーダーのカットソーにボーフレンドデニムと言ったカジュアルコーデでも、タイトなライダースジャケットにビジューネックレスやヒールと言った女性らしいアクセサリーをプラスすれば、大人っぽく上品なライダースジャケットコーデに仕上がります。

 タイトなボトムで着やせ効果を狙う!

ライダースジャケットの定番コーデと言えるのが、スキニーパンツやレギンスなどタイトなシルエットのボトムとのコーデです。特にオールブラックコーデやモノトーンコーデにすると着やせ効果は抜群なので、黒のスキニーに黒、白、ボーダーといったカラーのインナーを合わせて、シンプルにまとめましょう。

インナーはライダースジャケットの裾から少し出るようにするのがバランスよく着こなすコツです。さらにスキニーと同色のショートブーツを合わせる事で、足長効果もプラスされます。

ライダースジャケットで秋冬コーデに差をつける!

レザーアイテムとしては非常に歴史の古いライダースジャケットですが、その魅力はいまだに健在です。

辛口アイテムであるライダースジャケットをいかに女性らしくコーデするかが大きなポイントになるので、ライダースジャケット未経験の方は是非今年こそゲットしてみて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする