冬でも美肌をキープするために!乾燥肌対策のポイント

冬は空気が乾燥しているうえに、エアコンなどの暖房によって室内でも乾燥から逃れることができませんよね。特に乾燥肌の人にとって冬は受難の季節と言えるでしょう。

今回は乾燥から肌を守るために効果的な対策をご紹介したいと思います。

乾燥肌の原因とは?

生まれた時はあんなにもっちりとした肌だったのに、なぜ乾燥肌になってしまうのか?それは遺伝的なことも考えられますが、生活習慣にも問題があるようです。

普段からスキンケアには気を付けているのに乾燥肌だという方は、運動不足が原因かもしれません。運動不足になると身体の新陳代謝が悪くなりますが、その結果血行が悪くなり、老廃物を排出できなくなり、さらに肌のターンオーバーも正常ではなくなり、なによりも血行不良で潤いが肌に行き渡らなくなります。

また肌を構成する様々な栄養素は、食事から補給することが可能なので、栄養バランスのとれた食事を心がけるのも大きなポイントです。

洗顔や入浴は毎日行いますが、その際に使う水道水には殺菌のために塩素が含まれています。とは言え普段使う水をすべてミネラルウォーターにするとなると大変なコストになるので、気になるという方は浄水機能がついているシャワーヘッドに交換するなどの対策をおすすめします。

水分を上手く摂って体の内側から潤いを与える

乾燥肌を防ぐために水分を摂る事も対策の一つになりますが、ただ飲みたい時に好きな量だけ飲んでいても効果は期待できません。

真夏時は別として、通常は水分を摂るタイミングを決めておくと良いでしょう。起床時、毎食時、間食時、入浴後、就寝前とタイミングを決めて、コップ1杯の水を飲むと体内にまんべんなく水分が行き渡ります。

もちろん毎回水でなければいけないということではないので、乾燥肌対策にもなる青汁や豆乳、ハーブティー、生姜湯、自家製スムージーなどを取り入れても効果的ですよ。

寝ている時こそ乾燥肌対策を

昼間ももちろんですが、乾燥は寝ている間にも進行します。

寒い季節はエアコンをつけっぱなしで寝るという方もいるでしょうが、それは肌にとって拷問のようなもので、一晩で一気に乾燥が進んでしまいます。

乾燥肌でお悩みなら寝室に加湿器はマストですし、寝る前に洗濯を済ませて寝室に干すだけでもかなりの乾燥対策になります。

朝起きた時に喉が痛いという症状があるなら部屋が乾燥している証拠なので、是非何らかの対策をしてください。

冬の乾燥肌対策はスキンケア+内側からのケアで!

乾燥肌を改善するには、外からのケアも大切ですが、食べ物や適度な運動などで身体の内側からアプローチする必要があります。

この冬乾燥肌に悩まされているという方はぜひご紹介した対策を行ってみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする