ワセリンは使い方が重要!効果をうまく発揮する使い方とは?

ワセリンの使い方をご存知ですか?ワセリンは皮膚科でも処方されることのあるとても身近な物で、敏感肌の人にも使いやすいスキンケア用品です。

とても優秀なワセリンの正しい使い方をご紹介します。

ワセリンの役割は保護

ワセリンは肌を保護する役割を果たします。ベタベタするから苦手、という意見もありますが、正しい使い方をすればそのようなことにはなりませんし、肌の乾燥予防に効果を発揮してくれます。

皮膚は、潤いを保つために必要な水分や天然保湿因子を少しずつ蒸発させていきます。体から出た水分や天然保湿因子が多ければ肌は乾燥し、場合によっては粉をふいたようになるでしょう。

ワセリンは成分を肌へ吸収させることはありませんが、肌を薄いベールで覆うように保護し、潤いの成分を必要以上に蒸発させないようにすることができます。シンプルに肌を守ってくれるのです。

ワセリンの使い方のコツ

ワセリンの使い方で重要なのは、できる限り薄くのはすこと。少量を手の平や指先で擦り合わせ、温めながら良く伸ばして使用するとベタベタを感じることがありません。

付いているのかどうかわからない程度でも十分しっとりしますが、時間が経って物足りないと感じた時には同じ方法で重ね付けすると良いでしょう。

または、塗った後のベタベタをティッシュで押さえて取るというのもオススメですが、擦ると肌へダメージを与えるため気を付けましょう。

ワセリンの使い道

ワセリンはいろいろな途に使えます。かかとのひび割れケアや肘や膝のお手入れ、水仕事前の使用で手荒れの予防や、粘膜を刺激しないため唇のケアなどにも向いています。

また、メイク前の目元に使用すれば乾燥を防ぎ小じわ対策にもなります。ただし、目元は刺激に弱いため擦らないようにしましょう。

多めにワセリンを馴染ませてふき取れば、口紅やアイメイクのクレンジングの代りにもなります。

ワセリンを使う時の注意点

ワセリンを厚塗りするような使い方は、逆に乾燥させる可能性があります。また、乾燥が進むことと油っぽさが原因で肌のかゆみが起こる場合もあるため注意が必要です。

また、ワセリンにはいくつか種類がありますが、その違いは不純物。原油を原料として作られるワセリンは純度が高ければ不純物が省かれているため刺激ないためオススメです。

特に目の周りは敏感なため、刺激を感じたら使用を中止するか純度の高い商品を選ぶようにしましょう。

まとめ

ワセリンは正しい使い方をすれば、様々なことに役立てることができますし、コスト面でも優秀です。副作用などもないため全身に使用でき、困った時の救世主となってくれるでしょう。

乾燥対策に1つ持っておくと良いのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする