知っておきたい!二日酔いの対処法ならこの3つ

二日酔いをするたびに「もう二度と飲まないぞ」と後悔をしたことがある人は多いかと思います。それでも飲み会などは付き合いでは欠かせないものですし、実際に楽しい気持ちにもなるためにやめられませんよね。

特にこれからの季節はイベント事も多いということで、二日酔いに悩まされることも増えるでしょう。そんなときのために、今回は二日酔いの対処法について紹介をしていきます。

水分を摂りまくる

二日酔いをしてしまった場合や、二日酔いにならなくともアルコールを摂取した後であれば、出来るだけ水分を摂るように心掛けましょう。アルコールは分解されるまでに時間がかかり、それが二日酔いの原因になります。

水分を大量に補給することで利作用が働き、アルコールを体外に排出しやすくなります。排出するスピードが早ければ早いほどに二日酔いの症状が緩和されたり、二日酔いの症状が出る前にも事前に二日酔いの対処をすることが出来るため、出来るだけ水分補給を心掛けましょう。

 温めのお湯にしっかりと浸かる

二日酔いになってしまった場合、対処として効果があるのが温めのお湯に浸かることです。何故温めのお湯が二日酔いの対処に繋がるかというと、体をじんわり暖めることが出来るため、代謝が良くなるからです。代謝が良くなると体の機能を活性化させることに繋がります。

活性化すると心臓の働きや肝臓の働きなど、臓器の働きがよくなり、アルコールの分解速度も上がるのでオススメです。

 コーヒーを飲む

コーヒーは飲むと気持ちが落ち着きますよね。アルコールを飲むといつも以上に気持ちがハイテンションになってしまうこともあるため、気持ちが疲れていることもあります。

コーヒーにはリラックス効果が期待できるうえに、利尿作用があります。利尿作用が働くとアルコールが少しでも早く体外に排出されることになるため、二日酔いの症状を緩和することに繋がるのです。

お酒を飲んだ後にはコーヒーを一杯飲ん、で気持ちを落ち着かせると考えておくといいかもしれません。

まとめ

二日酔いって事前に防ぐことは出来ても、なかなか予防を忘れてしまって後から後悔することって多いと思います。そんな時の為にも、対処法を知っておくことによって、二日酔いで辛い次の日も症状に苦しむことも少なくなるでしょう。

これからの季節イベント事が多いと思いますので、二日酔いになった時にはこれらの対処法を試してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする