ダイエットにも大敵!冷え性を改善できる3つのこと

冷え性は女性のほとんどが悩まされていることですが、最近では男性でも冷え性に悩んでいる人も増えてきており、男女共通の悩みとなっています。

そのため、冷え性を改善する方法がメディアなどでもたくさん紹介されていますが、なかなか簡単に出来るものやどれを試したらいいかわからない…ということもあります。今回はそんな冷え性で悩む人の為に、冷え性を改善できる3つのことについて紹介をしていきます。

湯船にしっかりと浸かる

湯船に浸かると体の疲れが一気に取れる感じがして気持ちがいいですよね。しかし今の時代、仕事で忙しく帰宅するのも遅いことや面倒くさくてお風呂はシャワーだけで過ごしてしまう人、すぐに湯船からあがってしまう人も多いかと思います。

湯船にしっかりと浸からないと体の疲れが取れないだけでなく、冷えきった体はしっかりと温まりません。代謝も悪くなってくるので、冷え性になったり悪化をしたり、そこからさらにむくんでしまったりと悪いことづくしに。

湯船にしっかりと浸かることによって代謝が良くなり、老廃物も排出されやすくなります。冷え性が改善されていくのと同時にむくみも取れやすくなるので、冷え性改善や美容と健康のためにもなります。出来るだけ湯船に浸かるように心掛けましょう。

温かい飲み物に一工夫をする

冷え性の多い冬場は温かい飲み物が欠かせません。1日に何度も温かいホットドリンクを飲んでいるという人は多いと思いますが、そのまま飲むのではなく一工夫をすることによって、冷え性改善に繋がるというのはご存知ですか?

一工夫として取り入れたいのが【生姜】や【シナモン】。飲み物に少し加えるだけで、体を内側からじんわりと温めてくれて冷え性改善に繋がります。

また冷え性の原因として、毛細血管の収縮や血液の流れが悪いということが挙げらます。しかも毛細血管は年齢とともに減少していくため、年齢を重ねればそれだけ冷え性になりやすいと言えるのです。これを改善するのが【シナモン】であり、シナモンは唯一毛細血管の減少を抑えることが出来る食材なので、ドリンクに小さじ2分の一程度加えて飲んで見るのがオススメです。

生野菜を食べる 

生野菜というと水々しくひんやりとしたイメージがあり、冷え性対策にはNGというイメージがあります。しかし生野菜には、血液をサラサラにする力や、消化しやすいという2つの大きなメリットがあります。

1つ目の血液をサラサラにするというメリットでは、そもそも冷え性は血流が悪くなって引き起こされるものとも言えるので、血の巡りがよくなる=代謝が良くなることによって冷え性を改善していけるというものです。

次に2つ目の消化しやすいというのも、生野菜には自ら消化をする力があり、食べた後に消化をするというエネルギーを節約することが出来ます。エネルギーを節約した分、体は血液の流れを良くするために働くことが出来るので、出来るだけ冬場は消化に良い食べ物を食べたほうが良いとも言えます。

まとめ

冷え性の改善として様々な方法がありますが、その中でも今回は今すぐにでも出来るような簡単な3つの改善する方法について紹介してきました。どれもが簡単に出来るものであり、なおかつ毎日続けていけるようなものばかりなので、冷え性で困っているという人は是非試してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする