洗顔は30代で一度見直すべき!後悔しないための方法とは

30代は体の変わり目。体が変われば肌にも変化が起こる可能性があります。乾燥やシワ、毛穴の開きなどこれまでなかったことが起こる事も。特に洗顔はこの全てに関係するため、重要です。

20代では多くの場合、体の代謝機能が活発でもあるため、何をしても回復が早いと考えられますが、30代はそうはいきません。

後々後悔しないように、少しの変化を見逃さず洗顔方法の見直しをしておきましょう。

洗顔の仕方によって30代の肌に影響が

30代になると肌は乾燥しやすくなります。そして、洗顔で乾燥に拍車がかかる事もあります。とはいえ、代謝の低下する30代は汚れをしっかりと落とす事ができなければ、毛穴の開きや黒ずみが起こりやすくなります。

しかし、スッキリ落とす事だけを考え、念入りに時間をかけて洗顔をしてしまうと、必要な皮脂や保湿成分まで残さず取り去ってしまうため、肌を守る機能が低下してしまいます。

洗顔料に保湿力は必要ありませんが、ピリピリするなどの酷い乾燥を感じるのも良くありません。できるだけシンプルでマイルドな物を使用し、肌に泡をのせている時間は20秒ほどに留め、洗浄成分は肌に残さないようにしっかりとすすぎましょう。

キメ細かい泡は優しく洗顔できる

洗顔料や石鹸は様々なタイプがありますが、どの場合にもしっかりときめ細かい泡を作ることが大切です。キメの細かい泡は摩擦を減らし、肌に負担をかけません。摩擦は小じわやたるみの原因になるため、避ける必要があります。洗顔料や石鹸に、少しずつ水を含ませながら泡立てていきます。

片方の手のひらを受け皿にし、もう片方の4本の指を使って泡立て機でクリームを泡立てるように細かい泡をつくる習慣をつけましょう。

最近では泡で出てくるタイプの洗顔料もありますが、刺激の強い成分が入っている物もあるため、注意が必要です。

肌の状態によって、洗顔を決める

30代の肌の乾燥を考え、朝の洗顔を控える人もいらっしゃるかもしれません。しかし、朝の肌の状態をしっかり見極める事が大切。もしも、皮脂がたっぷり出ている場合には、中途半端に残しておけば酸化し、肌トラブルを起こす場合もあります。

その時々の肌の状態で、朝の洗顔をするかしないかを判断すると良いでしょう。マイルドな洗顔料を使用する事、長い時間をかけない事で、皮脂の摂りすぎは防ぐことができます。

皮脂の酸化は、ニキビの原因にもなり、毛穴の開きを起こしたり肌をくすませたりする事もあるため、朝にも一度リセットするとトラブルを防げる可能性もあるでしょう。また、余分な古い油分を取りスキンケアをすれば、より浸透しやすいと考えられます。

まとめ

洗顔はスキンケアの基本です。30代の肌の変化を見逃さず、見直しをしましょう。自分の肌の状態を見極める事も大切です。

メイクや汚れが落ちれば何でもいい、と言うのは20代までにして、年々変わっていく肌に合わせてケア方法を考えるのが、肌トラブルを回避するための効果的な手段です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする