[PR]

ハーブの使い方ならこれ!若さを保つ美肌ケア方法

人気のハーブの使い方は、リラクゼーションだけでなく、女性には大変ありがたい美肌効果もあります。また年齢が気になるお肌を若くする為のアンチエイジングの働きもありますので、早速ハーブの使い方についてチェックしてみましょう。

若返り効果の高いローズマリー 

ハーブの使い方でまず注目をしたいのがローズマリーです。ローズマリーは昔から欧米では若返りの為の薬草として使われてきました。現在では肉料理にあうハーブの使い方としてお馴染みになっています。

ローズマリーには細胞を活発にする効果がありますので、老化が気になる肌の細胞にも直接的に効果があるのです。ハーブの使い方としてお茶にして飲むのが一般的の為、ローズマリーも同様に手軽なハーブティとして飲んでみましょう。

血行を改善して冷え性にも効き目があります。さらに独特なハーブの香りでリラックス効果もありますので、ホルモンの働きを安定して美肌になるメリットが沢山ありますよ。

女性の味方 レモンバーム

ハーブの使い方で近年人気があるのがアロマオイルです。香りを楽しむだけでなくスキンケアとして直接肌に付けることができます。ハーブの中ではレモンバームにアンチエイジング効果があり、老化を進める活性酸素の働きを抑える抗酸化作用が高いことも特徴になっています。

レモンバームのアロマオイルをお風呂に数的入れて、ゆっくりバスタイムを過ごしてみましょう。心身ともにリラックスしながら、同時にスキンケアとしても効果的です。さらに香りにもイライラを抑える効き目がありますので、疲れている時のお風呂にぜひ使ってみましょう。

ビタミンCが抜群のローズヒップ

ハーブの使い方として一般的なのがハーブティですよね。色々な種類が販売されていますが、ハーブティの特徴としてはカフェインがほどんど入っていないという点です。

そこで美肌の為にオススメしたいのがローズヒップティーです。ローズヒップにはレモンの約20倍以上もビタミンCが入っていますので、シミの予防としても効果があります。さらにローズヒップティーにはリラックス効果も高い為、飲んでから寝ると質の良い睡眠がとれるのです。

睡眠中はご存知のようにお肌の新陳代謝が行われる時間の為、ローズヒップティーで寝ている間に美肌ケアができるメリットがあります。

まとめ

ハーブの使い方は様々ありますが、美肌ケアとして使う場合には、お茶として体内に成分を吸収するか、肌に直接つけるか、もしくは香りを楽しむなどの方法があります。その時の気分によって色々とハーブの使い方をアレンジしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする