ほうれい線が30代でくっきり!?できやすい人と気を付けるべき点とは

ほうれい線はできる限り避けたいもの。しかし人によっては、30代ですでに目立ってきている人もいるかもしれません。

30代は、人により肌質やたるみに大きな差が出る年代。それに伴い、ほうれい線ができやすい人というのが存在するのをご存知ですか?

習慣やケアの仕方を見直し、ほうれい線が早めに訪れるのを予防しましょう。

30代の肌がほうれい線に繋がる!

ほうれい線はごく浅いシワから始まります。そのまま放置すればさらにシワは深くなり、いつの間にか消せない溝になってしまいます。

30代は、肌のハリが低下し始める年頃のため、シワができやすく、さらに乾燥したままにしておけば消えずに残る事に。乾燥し固くなった肌は、深いシワにもなりやすいのです。

まだ大丈夫などとは思わずに、20代からの変わり目にも、しっかりと肌に合わせたスキンケアをしておきましょう。

また、紫外線の影響でコラーゲンが減少し、肌の弾力が低下する可能性があるため、紫外線対策は万全に。

そのクセがほうれい線をできやすくしている…

ほうれい線は、生活の中の行動やクセが原因になっている場合もあります。そのような場合、30代でもほうれい線が目立つようになるかも知れません。

猫背の人は、肩の周辺から背中までの筋肉が凝り固まっていると考えられますが、すべての筋肉はつながっているため、顔の筋肉も硬く柔軟性が無い状態。血行も悪く、シワが戻らなくなる可能性があります。

また、気づくと口が開いている人は、口の周りの筋肉の衰えがすでに起こっているため、頬の重みを支えられなくなります。どんな時にも口を閉じる事を忘れずに。

さらに、片方だけにほうれい線ができやすいのが、噛み癖がある人。片方の側ばかりで食べ物を噛めば、もう片方は使われないため、たるんでしまい、ほうれい線ができやすくなります。

普段からの心がけが大切!

ほうれい線が30代でもできてしまう場合、筋肉が衰えている可能性もあります。

顔には表情筋が30種類もありますが、通常の生活で使われているのは約3割と言われています。使わない筋肉は衰えやすく、弾力がなくなるため、場合によっては年齢に関係なくたるみが目立つ事も。

また、弾力のある肌は表情によるシワを戻す事できますが、筋力が衰えていればシワが固定される可能性が高くなります。

1日のうちの長い時間、パソコン操作や事務作業をしている人は、表情筋を使うことなく前傾姿勢を保っていると考えられ、重力に逆らえずほうれい線ができやすいでしょう。

適度な間隔で休憩をはさみ、顔の筋肉を動かすようにしましょう。口角を上げるクセを付けるのもオススメです。また、下を向き過ぎないように、パソコンの画面や椅子の高さを調整すると良いでしょう。

まとめ

ほうれい線は、日頃から少し気を使うだけで、できにくくなる可能性があるのです。

少し影が見えるだけで大幅に老けて見える部分ですから、30代になる前から、早めに予防しておくと後悔しないで済みますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

[PR]